診療科のご案内

耳鼻咽喉科・頸部外科本館2F E

特徴

めまい診療に力をいれています。

日本めまい平衡学会認定のめまい専門医の資格をもつ清水を中心にめまい診療を行っています。
めまいを訴える患者さんは、内科なのか?脳外科なのか?耳鼻科なのか?など、最初にどの科を受診したらいいのか迷われるかと思います。

当院ではめまいを訴える患者さんはまず耳鼻科に受診して頂ければ問題ありません。
脳梗塞等の脳の病気が心配な方もおられるかと思いますが、当院ではMRIをはじめ画像診断が充実しており、問題があれば脳神経外科、脳神経内科と連携して治療にあたりますので安心して診療をうけていただけます。

めまいで最も多いと言われるのが良性発作性頭位めまい症です。詳細に眼振というめまい時の目の動きを観察することで、具合の悪い三半規管の左右・特定の部位まで診断できます。障害部位に応じた理学療法という治療を行っています。
メニエール病もストレス社会において数の多い疾患です。ひどいめまいの発作を反復する方はメニエール病である可能性があります。めまい発作そのものを予防する内服治療を中心に各種組み合わせた治療を行っており、めまい抑制率9割を誇ります。
その他、頭痛・肩こりと関連するめまい、不安・うつ状態と関連するめまいといった耳鼻咽喉科の領域をこえためまいに対しても的確に診断治療にあたっています。

耳科領域
高齢化社会において、難聴の悩みをお持ちの方は今後増加することが予想されます。
原因不明の疾患である突発性難聴の治療も多数行っております。近年では鼓膜の奥に直接薬剤を投与する治療法(鼓室内ステロイド治療)も試験的に行っており、比較的良好な治療成績を確認しています。めまい診療との関連もあり、難聴にお悩みの方の診療も積極的に行っています。
鼻科領域
かつては感染による疾患であった慢性副鼻腔炎も近年はアレルギー性疾患の関与の大きい好酸球性副鼻腔炎という副鼻腔炎が主体となってきました。通常の副鼻腔炎の治療では治療困難な疾患ですが、的確な診断のもと、アレルギー性炎症をおさえるステロイド治療、手術治療を組み合わせて治療を行っています。
重症のアレルギー性鼻炎も増加傾向にあり、アレルギー性鼻炎に対する手術治療を積極的に行っています。程度によっては日帰りでレーザー治療も行います。重症な方には、後鼻神経切断術という、アレルギー症状を起こす神経を処理する手術によって、劇的に症状を改善さえせることも可能です。
アレルギー性鼻炎の薬物治療において、近年注目を集めている免疫舌下療法にも当院は対応しております。

スタッフ紹介

耳鼻咽喉科主任部長代行・副部長

清水 良憲
(しみず よしのり)

免許取得:平成13年

専門
耳科学、鼻科学、耳鼻咽喉科領域感染症、めまい平衡医学
得意な疾患・治療
アレルギー性鼻炎、耳鼻咽喉科領域感染症(中耳炎・副鼻腔炎・扁桃炎・咽喉頭炎)、めまい・難聴
資格
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医/日本めまい平衡医学会めまい相談医

耳鼻咽喉科医長

兼田 美紗子
(かねだ みさこ)

免許取得:平成21年

専門
耳鼻咽喉科一般
得意な疾患・治療
アレルギー性鼻炎、鼻科領域、IgG4関連疾患
資格
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医

耳鼻咽喉科医長

長谷川 博紀
(はせがわ ひろき)

免許取得:平成23年

専門
耳鼻咽喉科一般
得意な疾患・治療
耳科領域、耳鼻咽喉科領域感染症
資格
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医/日本耳鼻咽喉科学会騒音性難聴担当医/音声言語機能等判定医

耳鼻咽喉科 医長

笠原 善弥
(かさはら よしや)

免許取得:平成23年

資格
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医

診療実績

受診について

診療時間
月~金曜日 8:30~17:00
(午後は予約・紹介・小児科のみ)
診療受付時間 8:20~11:00/
自動受付機は7:40より稼働
休診日
土・日曜日、祝祭日、年末年始
休日・時間外診療
救急センターにて対応します。

0776-23-1111

〒918-8503
 福井県福井市和田中町舟橋7番地1

ページトップへ