診療科のご案内

肝胆膵外科本館1F A/B

特徴

肝胆膵外科グループでは、肝臓癌、胆管癌、胆嚢癌、膵臓癌などの悪性疾患や、胆石症をはじめとする良性疾患など肝胆膵領域の多岐にわたる疾患に対して診療を行っております。CT、MRI、内視鏡検査、PET-CT検査などによる正確な病気の診断や進行度をもとにして各疾患の診療ガイドラインや当科で行ってきた臨床研究の成果に基づいて患者さんのQOLに配慮した治療を行っております。

私たちは次の3つのことを大切にしています。

  1. 各診療科や院内専門チームとの良好な連携

    肝胆膵外科領域では病気の背景に慢性肝炎,肝硬変,閉塞性黄疸、膵炎などがあることが多く、患者さんの病態が複雑です。肝胆膵領域のがんに対する治療では、正確な診断、術前処置(黄疸をとる内視鏡的な処置など)、手術、術後管理、補助療法(化学療法、放射線治療など)が求められます。これには消化器内科、放射線科、病理医などとの緊密な連携が不可欠であり私たちはこれを大切にしています。高難度な手術を安全に行い、患者さんに良い結果をもたらすよう各科のエキスパートと連携して万全の準備を整えて手術を行うようにしています。また当院では集中治療室、NST(栄養管理)チーム、腫瘍内科(抗がん剤治療)、放射線治療センター、緩和ケアチーム、精神科などがん治療を支援する診療科や院内の専門チームが充実しています。

  2. 正確な病気の診断と安全で根治性の高い手術

    最新式の超音波(エコー),CT(MDCT),MRI,PET-CTなどの診断機器を備えています。私たちはこれらの機器を駆使して,病気の状態を正確かつ速やかに診断するように努めています。毎週行われるカンファレンス(症例検討会)で患者さん一人一人の画像を詳細に検討し,病気の状態の正確な診断と適切な治療方針を総合的に決定しています。

    手術は進化し手術手技は向上するものと考え、私たちは手術の安全性・根治性を高めるよう工夫を重ねています。手術の結果や切除した臓器の病理組織診断をもとにして院内で定期的に症例検討会を行い、術前の診断の妥当性や手術術式の妥当性を再確認します。

    また、国内の肝胆膵外科専門機関と連携・交流を促進し、技術、知識の向上に努めています。

  3. 低侵襲手術

    低侵襲外科手術として内視鏡外科技術の進歩はめざましいものがあります。近年、肝胆膵領域の腫瘍に対しても先進的な施設で内視鏡外科手術が応用されるようになってきました。当院でも胆嚢結石症に対する単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術をはじめとして、肝腫瘍、膵腫瘍に対する腹腔鏡下肝切除、膵切除手術をすでに導入しています。患者満足度の高い内視鏡外科手術を安全に提供できるよう修練を行っています。


主な病気と治療

スタッフ紹介

副院長

三井 毅
(みつい たけし)

免許取得:昭和54年

専門
肝胆膵外科、消化器外科
得意な疾患・治療
肝胆膵の手術・治療
資格
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技能指導医/日本外科学会認定外科専門医・指導医/日本肝臓学会認定肝臓専門医/日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医/日本消化器外科学会専門医制度修練施設指導責任者/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本消化器病学会認定消化器病専門医/日本外科学会専門医制度修練施設指導責任者

外科医長

寺田 卓郎
(てらだ たくろう)

免許取得:平成11年

専門
肝胆膵外科、消化器外科
得意な疾患・治療
肝がん、胆道がん、膵がん、胆石など良性疾患
資格
日本外科学会認定医/日本外科学会認定外科専門医/日本がん治療認定医療機構がん治療認定医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医

担当医スケジュール

診療実績

(平成18年)
  • 肝臓癌(原発性肝癌) … 7例
  • 肝臓癌(転移性肝癌) … 10例
  • その他肝臓切除 … 3例
  • 胆嚢・胆管癌 … 6例
  • 胆石症(開腹手術) … 45例
  • 胆石症(腹腔鏡下手術) … 65例

受診について

診療時間
月~金曜日 8:30~17:00
(午後は予約・紹介・小児科のみ)
診療受付時間 8:20~11:00/
自動受付機は7:40より稼働
休診日
土・日曜日、祝祭日、年末年始
休日・時間外診療
救急センターにて対応します。

0776-23-1111

〒918-8503
 福井県福井市和田中町舟橋7番地1

ページトップへ