診療科のご案内

上部消化管外科本館1F A/B

特徴

上部消化管グループでは、消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医が診療を担当しています。地域がん診療連携拠点病院として、診断から治療まで一貫してチーム医療を行っています。

1:手術件数について
当院の胃疾患(主に胃癌)手術は、内視鏡切除約60例を含めて年間160例(腹腔鏡下手術40例)に行っています。食道疾患(主に食道癌)では、最近は鏡視下手術も行っています。内視鏡切除は主に消化器内科が担当しています。
2:手術内容について
病変の種類・進行度・部位により幽門側胃切除、噴門側胃切除、胃全摘術、胃部分切除術、機能温存手術などを従来から開腹手術にて経験豊富な専門担当医によって行っています。2007年からは、体に侵襲の少ない腹腔鏡下手術も導入しており、最近では約4割の患者さんが腹腔鏡下手術を受けられています。
3:腹腔鏡下手術について
腹腔鏡下手術は傷が小さく低侵襲であり、拡大視効果によってリンパ節郭清においても精度向上が得られ、胃癌手術においても有用な手技として評価が高まっています。
このような腹腔鏡下手術に対しても、当院では習熟した担当医(日本内視鏡外科学会技術認定医)の豊富な経験をもとに、癌の根治性を保ち質の高く安全な手術を提供しています。最近では腸管の再建も鏡視下で行う完全腹腔鏡手術も行っており、より低侵襲な手術が実現できています。傷はきわめて小さくほとんど目立たず、体への負担も低いので、術後の回復も早く、患者さんに大変喜ばれています。
4:治療の流れについて
外科手術を受けられる患者さんはまず外来にて精密な進展度診断を行います。次にその診断に基づいて、「胃癌治療ガイドライン」に準じた標準的治療を原則とし、患者さんの全身状態・希望も考慮して的確な術式を決定します。手術前日に入院し、幽門側胃切除、噴門側胃切除、胃全摘術、胃部分切除術、など胃切除クリニカルパスを使用し、術後2週間での退院を標準としています。術後は最小限の末梢輸液のみでの管理で原則的に中心静脈栄養は行いません。経口開始は術後2日目から。高リスク患者のみ術後早期から経腸栄養法を使用しており、術後の合併症も極めて少なくなっています。
進行した癌に対しては、手術療法に加えて、抗がん剤療法による治療を行います。すなわちStageⅡ以上の場合は、説明と同意の後、術後の補助化学療法を当院外来または連携医で行っています。進行度が特に重い患者さんには、手術、抗がん剤、時には放射線治療なども行い、腫瘍内科医とも相談連携し、集学的な治療を行っています。 また、手術後の経過観察は病診連携システムを有効に活用し、かかりつけの医師と同時に県下統一胃がん術後連携パスを使用し、綿密に患者さんをサポートしています。 尚、専門外来は月曜日と木曜日に行っております。

主な病気と治療

スタッフ紹介

福井県済生会支部長

三浦 將司
(みうら しょうじ)

免許取得:昭和38年

専門
消化器外科一般
資格
日本外科学会認定医/日本消化器外科学会指導医

副院長

三井 毅
(みつい たけし)

免許取得:昭和54年

専門
肝胆膵外科、消化器外科
得意な疾患・治療
肝胆膵の手術・治療
資格
日本肝胆膵外科学会肝胆膵外科高度技能指導医/日本外科学会認定外科専門医・指導医/日本肝臓学会認定肝臓専門医/日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医/日本消化器外科学会専門医制度修練施設指導責任者/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本消化器病学会認定消化器病専門医/日本外科学会専門医制度修練施設指導責任者

外科主任部長

宗本 義則
(むねもと よしのり)

免許取得:昭和59年

専門
消化器外科
得意な疾患・治療
大腸がん、炎症性腸疾患
資格
日本外科学会認定外科専門医・指導医/日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医・指導医/日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医・指導医/日本消化器がん検診学会認定医・指導医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本静脈経腸栄養学認定医/日本腹部救急医学会腹部救急暫定教育医腹部救急認定医/日本医師会認定健康スポーツ医

外科部長

高嶋 吉浩
(たかしま よしひろ)

免許取得:昭和62年

専門
消化器外科
得意な疾患・治療
大腸がん、炎症性腸疾患
資格
日本外科学会認定外科専門医/日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医・指導医/日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医・指導医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本消化器外科学会専門医/検診マンモグラフィ読影認定医/ケアマネージャー/日本消化器がん検診学会認定医/AHA公認ACLSプロバイダー/AHA公認ACLS Experiencedプロバイダー

外科医長

天谷 奨
(あまや すすむ)

免許取得:平成7年

専門
消化器外科
得意な疾患・治療
腹腔鏡手術(胃、食道)、消化管疾患
資格
日本外科学会認定外科専門医/日本内視鏡外科学会認定技術認定医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医・専門医/日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医/日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医

外科医長

寺田 卓郎
(てらだ たくろう)

免許取得:平成11年

専門
肝胆膵外科、消化器外科
得意な疾患・治療
肝がん、胆道がん、膵がん、胆石など良性疾患
資格
日本外科学会認定医/日本外科学会認定外科専門医/日本がん治療認定医療機構がん治療認定医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医

外科医長

斎藤 健一郎
(さいとう けんいちろう)

免許取得:平成13年

専門
消化器外科
得意な疾患・治療
大腸がん、炎症性腸疾患、腹部ヘルニア
資格
日本外科学会認定医/日本外科学会認定外科専門医・指導医/日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医/日本消化器病学会認定消化器病専門医/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/検診マンモグラフィ読影認定医/AHA公認ACLSプロバイダー/AHA公認ACLS Experiencedプロバイダー

外科医長

島田 雅也
(しまだ まさなり)

免許取得:平成16年

専門
消化器外科、内視鏡外科
得意な疾患・治療
上部消化管疾患、ヘルニア、腹腔鏡手術、緩和ケア
資格
日本外科学会認定医専門医/日本内視鏡外科学会技術認定医(取得術式:腹腔鏡補助下幽門側胃切除術D1+郭清)/日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医/日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医・専門医/日本消化器病学会認定消化器病専門医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本食道学会食堂科認定医

担当医スケジュール

休診情報はこちら

消化器外科担当医スケジュール

時間帯
午前天谷 奨三井 毅
高嶋 吉浩
寺田 卓郎
(膵疾患外来)
宗本 義則
天谷 奨
寺田 卓郎
午後
(予約制)
宗本 義則寺田 卓郎高嶋 吉浩
天谷 奨
寺田 卓郎

消化器・一般外科担当医スケジュール

時間帯
午前島田 雅也斎藤 健一郎担当医
午後
(予約制)
島田 雅也

診療実績

受診について

診療時間
月~金曜日 8:30~17:00
(午後は予約・紹介・小児科のみ)
診療受付時間 8:20~11:00/
自動受付機は7:40より稼働
休診日
土・日曜日、祝祭日、年末年始
休日・時間外診療
救急センターにて対応します。

0776-23-1111

〒918-8503
 福井県福井市和田中町舟橋7番地1

ページトップへ