緩和ケアセンター

緩和ケアについて

緩和ケアとは、がん患者さんとそのご家族の苦痛を和らげて、がんの治療や日常の生活が楽に行えるよう援助するケアです。
緩和ケアはこれまで、終末期医療として捉えられてきました。人としての尊厳を尊重し、人生を全うできるようにサポートすることがこれまでの緩和ケアの目的でした。もちろんそれは大事なことですが、がん治療全体を見ると、患者さんの苦しみや不安はがんと診断されたときから始まります。そうした苦痛や不安を和らげ、病気の治療に取り組めるように支援することも緩和ケアの大事な役割です。
また、最近の研究により、緩和ケアを受けることで生活の質(QOL)が向上するのはもちろんのこと、生存期間が延長することが知られるようになりました。

理念

  • 私たちはあなたらしい人生をまっとうできるように援助します。
  • あなたの人格、考え方、生き方を尊重します。
  • あなたの抱えている全人的苦痛を理解し、受け止め、緩和に努めます。
  • あなたと同様にご家族へのケアも行います。
  • チームケアのもとに、あなたとご家族のQOL(生活の質)を高めます。

緩和ケア

緩和ケアとは、患者さんのあらゆる苦痛をやわらげることを目的とし、患者さんやご家族を身体面、精神面、社会面など色々な角度から支えていきます。
そして、大切な時間を人間らしく、自分らしく有意義に過ごすことができるように、お手伝いいたします。

  • ◇身体的苦痛の緩和
    WHO 方式がん疼痛治療法など専門の知識、技術で体の苦痛を和らげます。
  • ◇精神的ケアの充実
    心のケアのための専門のスタッフ(精神科医師、臨床心理士、音楽療法士、緩和ケア認定看護師など)がカウンセンリングや薬の治療を行います。
  • ◇社会的支援
    治療費や経済的問題、生活上の問題のご相談に応じ、ご本人、ご家族の不安、悩みに対応します。
  • ◇日常生活により近い療養生活
    病院にいてもご家庭にいるような雰囲気を味わえるように、そして、その人らしい療養生活がおくれるように応援します。
誠意を持って、患者さんを大切にします。

チームケア

がんと診断されたときから、スタートするケア

終末期だけではない緩和ケアへの誤解

緩和ケアという言葉をご存知ですか? 緩和ケアとは患者さんのあらゆる苦痛をやわらげることを目的とし、患者さんやご家族を身体面、精神面、社会面などさまざまな角度から支えるケアのこと。すべての疾患に対するケアですが、がん医療においては、特に大きな役割を果たしています。

「がん医療における緩和ケアは、終末期のものと思われがちです。しかし、これは大きな誤解。緩和ケアはがんと診断された時点から始まるのです。」
こう主張するのは、緩和ケア病棟所長・こころの診療科部長の谷一彦医師。緩和ケアは体と心に優しいがん治療です。身体面、および精神面の両面からがん患者さんのサポートに取り組んでいます。

がん患者さんの苦痛のひとつが身体的苦痛です。がんの治療中には身体の痛みや吐き気、呼吸困難感、全身倦怠感などの症状がでることがありますが、これを薬や専門的なケアでできるだけ抑えます。「進行がんの8割以上の患者さんが痛みに悩まされます。我慢してしまう人も多いのですが、痛みがなくなれば毎日の生活が楽になり、治療も頑張れます。」(谷医師)

もうひとつが精神的苦痛。自分はこれからどうなるのかといった不安、心細さや無念さ、怒りなど気持ちの面でのつらさに対しても、専門スタッフが患者さんの声に耳を傾け、精神的な苦痛を軽減できるように努めています。

緩和ケア
緩和ケアチーム(一般病棟)

一般病棟に入院されている患者さんの緩和ケアをチームで行なっています。痛みをコントロールし、治療をサポートします。

主治医・看護師までご相談ください
緩和ケア病棟
愛の家 済生

専門的な緩和ケアを行うための病棟として、緩和ケア病棟を設けています。個室20床(有料10室・無料10室)をご利用いただけます。

主治医・看護師までご相談ください
在宅緩和
ケア支援

ご自宅での療養を希望される方に、往診・訪問看護などの対応を。住み慣れたご自宅での療養生活を支援します。

主治医・看護師までご相談ください
緩和ケア外来

がん患者んさんとその家族を対象とした専門外来を設けています。身体的・精神的・社会的問題などがんな関する悩み・苦痛にお応えします。

内科外科外来
Bブロック
【完全予約制】

通院、緩和ケア病棟、在宅あらゆる面で患者さんをサポート

当院では1996年頃から緩和ケアに対する取り組みを本格化。1998年には緩和ケア専門の病棟「愛の家 済生」を開設するなど、県内でも先駆けて緩和ケアを実践してきました。
2006年4月には緩和ケアチームが発足し、活動を開始しました。専門病棟だけでなく、一般病棟に入院中のがん患者さんにも緩和ケアを提供しています。

谷医師が語る「緩和ケアは終末期だけのものでも特別なものでもなく、すべてのがん患者さんに対して行われるべきケア」という考え方は、国の施策としても定められています。オレンジバルーンプロジェクト厚生労働省では、がん対策推進基本計画として、「治療の初期段階からの緩和ケアの実施」を重点的に取り組むべき課題として策定し、緩和ケアの重要性を国も認め推進しています。

通院治療から一般病棟での入院、緩和ケア病棟での入院、在宅治療まで。当院ではすべてのがんの治療・療養を行う人を対象に、いつでもどこでも切れ目なく、質の高い緩和ケアを提供しています。

がんに関する相談・お問い合わせ

がん相談支援センター
(南館1階 集学的がん診療センター内)

〒918-8503 
福井県福井市和田中町舟橋7番地1

受付時間 
平日 8:30~17:00(土・日曜日、祝祭日を除く)

がん相談直通ダイヤル

0776-28-1212

ページトップへ