集学的がん診療センターとは

患者さんを多角的に支える集学的がん診療センター

多職種でがんを診る「集学的診療」

当院はがん診療連携拠点病院として、がん診療に力を入れています。その中心的役割を担っているのが、集学的がん診療センターです。「集学的」とは、医療の世界で使われている用語で、専門分野が異なる複数の医師や専門スタッフがチームとなって行う治療に対して使われます。「集学的」という言葉そのものは一般にはまだまだ馴染みが薄いですが、診療科を超えて各分野の専門職が協力して治療を行う「集学的」という考え方は、がん治療の分野では近年特に重要視されています。当院では2007年にがん診療推進センターを開設し、多職種によるチーム基盤を整備。2011年5月に集学的がん診療センターと名称を改め体制を強化。2013年7月に本院南館が完成したのを機に、その機能を南館1階に集約し、活動内容の充実を図っています。

センター長

宗本  義則

マネージャー

吉川  千恵

がんになったら最初に行く病院

集学的がん診療センターは患者さんとそのご家族に対し、安心して診療を受けていただける窓口の役割を担っています。情報があふれる現代、がんに関しても様々な情報が飛び交っています。その中から患者さんが正しい情報を選択するのは難しく、時には誤った情報や思い込みに惑わされることも。当センターでは不安を抱えた患者さんのお話を伺い、適正な情報へと導くお手伝いをします。がんと診断されたらまず当センターを訪れれば、ワンテーブルで知りたい情報をお知らせできる場をめざしています。

当センターの5つの取り組み

集学的がん診療センターでは、次の5つの取り組みを中心に活動を展開していきます。

1.質の高いがん診療

各種診断をはじめ、診療科の垣根を越えた治療を実践。診療均てん化を図ります。また治療ディシジョンツリーを作成し、スタッフ間でも治療情報を共有します。

2.患者さんと家族のサポート

メディカルカフェを開設し、患者さん同士が気軽に交流できる機会をつくります。またがん相談支援センターをはじめ各種相談窓口も充実させていきます。

3.院内がん情報の集約

院内がん登録・地域がん登録・臓器別がん登録を行い、がん情報を集計・提供しています。また、がん情報をホームページでも発信。広く一般の方に情報を公開しています。

4.がん診療の地域連携

地域のかかりつけ医と連携を図るほか、在宅支援、訪問看護も積極的にサポートします。

5.臨床研究および教育

腫瘍カンファレス・臨床試験・講演会・緩和ケア研修会など各種研究・教育にも力を入れていきます。

集学的がん診療センター
がんに関する相談・お問い合わせ

がん相談支援センター
(南館1階 集学的がん診療センター内)

〒918-8503 
福井県福井市和田中町舟橋7番地1

受付時間 
平日 8:30~17:00(土・日曜日、祝祭日を除く)

がん相談直通ダイヤル

0776-28-1212

ページトップへ