肝炎は早期発見、早期治療が必要です。
Slider Frame
「肝疾患診療連携拠点病院」とは、肝疾患診療の向上及び均てん化を図るため、平成19年に厚生労働省が定めたものです。原則として都道府県に1カ所以上、全国で70カ所が指定されています。当院は県内で唯一、「肝疾患診療連携拠点病院」の指定を受けています。また、日本肝臓学会認定肝臓専門医が8名勤務しているほか、放射線科や病理部にも肝臓のエキスパートが在籍しており、肝疾患の治療に取り組んでいます。肝疾患に関するご相談・お問い合わせ 0776-28-1197