肝トピックス

本当に最後!のC型肝炎経口新薬が登場!!

肝臓川柳

また朗報 非代償性にも やっとくる~

((やっとくる…えっとくる~…えぷくる~…エプクルーサ……) )

今年の1月8日に
本邦最後のC型肝炎経口薬(DAA薬) “エプクルーサ”が製造承認を受けました。

エプクルーサ配合錠は、
NS5B阻害薬のソフォスブビルと
NS5A阻害薬のベルパタスビルを配合したもので、
あの”ハーボニー”を製造販売したギリアド・サイエンシズ社の新薬です。

特徴は、
「前治療歴を有する(前回DAA治療で治らなかった)
 C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」
「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果としてます。

用法用量はきわめてシンプルで、1日1回1錠
 ◆C型非代償性肝硬変(初回治療)はエプクルーサ単剤で12週間投与
 ◆C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変(再治療)はレベトールと併用し24週間投与
となっています。

従来薬で治癒しなかった患者に適用できるだけでなく、
非代償性肝硬変患者に適用できる初めての新薬です。
一部、 併用薬への注意や腎機能障害が中等度以上(eGFR30未満)には禁忌
という制約がありますが、ほとんどどんなのC型肝炎・肝硬変患者でも
加療が可能となるようです。
発売はもう間近であり、多くの患者さんが待ち望んでいます。


これだけ覚えておいて損はない!
今回のポイント

  新しいC型肝炎治療薬エプクルーザは
  従来薬で治療しきれなかった患者に適用できるだけでなく、
  非代償性肝硬変患者にも適応する初めての新薬です。
  これでほとんど、どんなC型肝炎・肝硬変でも加療が可能となるようです。

2019.1.18 更新

肝疾患に関する相談・お問い合わせ

肝疾患相談支援室
(南館1階 肝疾患センター内)

〒918-8503 
福井県福井市和田中町舟橋7番地1

受付時間 
平日 8:30~17:00(土・日曜日、祝祭日を除く)

肝疾患相談直通ダイヤル

0776-28-1197

ページトップへ