肝トピックス

C型肝炎ウイルス消失後も肝がんに注意! 定期的な通院を!!

肝臓川柳

気を抜くな ウイルス消えても 肝ガァーーン!!

(肝癌発生を見逃して、ガーン!<('A`)> とならないように、定期検査を!)

飲み薬だけのC型肝炎治療により、続々とC型肝炎ウイルスが消えた方が増えています。
大変素晴らしいことですが、ウイルスが消えても、その後に肝がんが出ることがしばしばあります。
統計では、
 ◆肝硬変の方
 ◆男性の方
 ◆腫瘍マーカー(AFP:α―フェトプロテイン)が高い方
 ◆肥満や糖尿病の方
に出やすいとされています。
ウイルスが消えてもそれまでの影響があるためと思われますが、詳しくは分かっていません。
とにかく!!
一度C型肝炎ウイルス陽性と言われた方は、ウイルスが消えても、定期的な通院、検査が必要です。
リスクの低い方でも半年に1回は病院に行くことを忘れないようにお願いします。


これだけ覚えておいて損はない!
今回のポイント

C型肝炎ウイルスが消えても、肝がんができる事があります
リスクの高低に係らず、半年に1回は定期通院、検査が必要です

(文:福井県肝疾患診療連携拠点病院(福井県済生会病院) 肝疾患センター長 野ツ俣 和夫)

2018.5.16 更新

肝疾患に関する相談・お問い合わせ

肝疾患相談支援室
(南館1階 肝疾患センター内)

〒918-8503 
福井県福井市和田中町舟橋7番地1

受付時間 
平日 8:30~17:00(土・日曜日、祝祭日を除く)

肝疾患相談直通ダイヤル

0776-28-1197

ページトップへ