トップ 患者さん 医療機関の方 健診センターのご案内 職員募集 病院の紹介
診療科のご案内 外来受診のご案内 入院のご案内 各種ご相談 セカンドオピニオンについて 各種教室のご案内 院内施設のご案内
トップ > 患者さんトップ > 診療科のご案内 > 脳卒中センター
脳卒中センター
脳卒中センター
特徴フロアガイド
日本海側初の本格的SCU(厚生労働省施設基準)
を備えた脳卒中センター


「脳卒中は怖くない!歩いて帰る!」をめざし、
チーム医療と新体制、最新機器で支援します。
脳卒中とは脳内血管がつまったり、破れたりする疾患です。しかし症状は軽いものから後遺症が残ったり、生死に関わったりと幅広いのが現状です。そこで当院では3年前、新体制の中で脳卒中治療に取り組み始めました。
24時間体制を基本に、さまざまな専門スタッフが協力するストロークチームでのチーム医療、そして「歩いて帰る脳卒中」が合い言葉の超早期リハビリ。それらを行うことで脳卒中の治療成績は向上、歩行や自宅復帰できる方が年々増えてきたのです。そしてその効果をさらに発展させるために、2006年12月、当院5階B病棟内に『脳卒中センター』を新設しました。
  1. 【24時間体制】
    脳卒中治療は時間との闘いです。3時間以内の手術や投薬が基本なので、専門医師が24時間院内に常駐、ホットライン体制により、迅速で適切な対応が可能になりました。緊急時の開頭手術や血管内手術、血栓溶解治療など、あらゆる治療もすぐに行えます。
    (1)脳卒中は時間との戦い。24時間体制です。
  2. 【チーム医療】
    24時間院内常駐の専門医には、神経内科か脳神経外科の経験を5年以上有する専門医9名が交替で対応(脳神経外科医6名+神経内科医3名)。そして3人の患者に看護師1名の3対1看護体制も導入。さらに、脳血管障害リハビリ経験を有する専任の理学療法士または作業療法士も、1名以上待機しています。
    この3項目は、厚生労働省が認める脳卒中ケアユニットの施設基準です。それを満たす当院は、日本海側初の「脳卒中センター」でもあるのです(2006年12月現在)。
    またチーム医療という点では、MSW(メディカルソーシャルワーカー)や薬剤師、栄養士などのスタッフも治療に参加、一日も早い回復と退院を強力に支援します。
    (2)マンパワー、チーム医療でしっかり対応します。
    専門医が24時間常駐。あらゆる手術に対応。治療室新しいついたてで、感染対策も万全。
  3. 【超早期リハビリ】
    治療室の隣には広いリハビリ室も配置。超早期、つまり入院日からでもリハビリを開始し、「歩いて帰る」を目標とします。当院では、薬や手術で治せない症状の積極的治療法としてリハビリをとらえ、徹底したリスク管理下で、安全に行っています。
    それに病棟内が主なリハビリの場となるので、スタッフが症状を把握でき、他の患者さんへの良い刺激にもなります。さらにご家族の方にも、リハビリの具体的内容について理解していただけるでしょう。
    (3)超早期リハビリで、「歩いて帰る脳卒中」をめざす。
    “超早期”とは、入院当日からのリハビリを表現する言葉リハビリの様子リハビリ室の一面は窓が並び自然光がたっぷり入り開放的
ページの先頭へ