トップ 患者さん 医療機関の方 健診センターのご案内 職員募集 病院の紹介
診療科のご案内 外来受診のご案内 入院のご案内 各種ご相談 セカンドオピニオンについて 各種教室のご案内 院内施設のご案内
トップ > 患者さんトップ > 診療科のご案内 > 緩和ケア病棟「愛の家 済生」
緩和ケア病棟「愛の家 済生」
緩和ケア病棟「愛の家 済生」
緩和ケアのご案内フロアガイドよくある質問
理念

私たちは・・・
あなたらしい人生をまっとうできるように援助します。
あなたの人格、考え方、生き方を尊重します。
あなたの抱えている全人的苦痛を理解し、受け止め、緩和に努めます。
あなたと同様にご家族へのケアも行います。
チーム医療のもとに、あなたとご家族のQOL(生活の質)を高めます。
緩和ケアとは、患者さんのあらゆる苦痛をやわらげることを目的とし、患者さんやご家族を身体面、精神面、社会面など様々の面から支えていきます。
そして、大切な時間を人間らしく、自分らしく有意義に過ごすことができるように、お手伝いいたします。

【身体的苦痛の緩和】
 WHO方式がん疼痛治療法など専門の知識、技術で体の苦痛を和らげます。
【精神的ケアの充実】
 心のケアのための専門スタッフ(精神科医、臨床心理士、ホスピスケア認定看護師など)
 がカウンセリングや薬の治療を行います。
【社会的支援】
 治療費や経済的問題、生活上の問題のご相談に応じ、
 ご本人、ご家族の不安、悩みに対応します。
【日常生活により近い療養生活】
 病院にいても家庭にいるような雰囲気を味わえるように
 そして、その人らしい療養生活がおくれるように応援します。
自分らしい時間を過ごすために
自宅での療養や、一般病棟・外来でがんの検査・治療を 受けていらっしゃる患者さんをケアいたします。
また、専門のスタッフにより、さまざまな不安を和らげることに力を尽くします。

◆在宅緩和ケア
入院でなく自宅で治療を受けたい、病気を抱えながらも家で暮らしたい…そんな自然な思いにお応えします。医師、看護師がご自宅に訪問して診療します。ヘルパーの派遣や介護用品の貸し出しなど、市町村や民間の様々な福祉サービスも受けられます。
※対象となるには次のような条件があります。

  (1)病状を理解したうえで、ご本人およびご家族が在宅を希望している。
  (2)通院が困難。
  (3)適切な介護者が存在する。
  (4)おおむね症状コントロールがついている。
  (5)当院から車で30分以内の距離に居住されている。

◆緩和ケア外来(がんの悩み相談外来)
がんの患者さんとご家族様を対象として、緩和ケア、支援、相談を行う専門外来です。 緩和ケア専門医師(一般外科、精神科)、緩和ケア認定看護師、臨床心理士、社会福祉士が対応し、患者さん、ご家族様の抱えている身体的、精神的、社会的問題などすべての悩み、疑問についてゆっくりと時間をとり診療・相談に応じます。
多くの専門スタッフが協力してあなたを支えます 患者さんの様々なニーズにお応えするため医師・看護師・薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカー・臨床心理士などの専門スタッフがチームを組み、心をこめて全人的ケアをいたします。

患者さんと、そのご家族の大切な時間を
全人的な立場からケアしていくのが私たちの役目。


当緩和ケア病棟では、「居心地のよさと安心」をモットーに、がんの患者さんの全人的ケアを行います。患者さんの肉体的苦痛の緩和に努め、精神的苦痛をケアし、さらにご家族の方が抱えておられる精神的・社会的苦痛などの理解と援助に努めて、人間としてのすべてにわたって総合的にサポートするのが私たちの役割です。
決して病気だけを対象とするのではなく、病を持った「人」として患者さんと向き合い、大切な時間をよりよく生きていただくためのケアを行ってまいります。
●緩和ケア医師・緩和ケア認定看護師
主治医と連絡をとりながら患者さんにあったケアを行います。

●ペインクリニック(麻酔科)
注射による痛みの治療などを行います。

●薬剤師
お薬についての疑問や不安にお応えします。

●医療ソーシャルワーカー
経済的な問題、社会的な問題などの相談を通じ、患者さん・ご家族の不安に対応します。

●精神科医師・臨床心理士
不安や落ち込みにカウンセリングや薬物による治療を行います。

●訪問看護師
ご自宅で療養したい方のために訪問して症状の観察や処置を行い、介護のアドバイスをします。
必要に応じて医師が往診します。

ページの先頭へ