トップ 患者さん 医療機関の方 健診センターのご案内 職員募集 病院の紹介
診療科のご案内 外来受診のご案内 入院のご案内 各種ご相談 セカンドオピニオンについて 各種教室のご案内 院内施設のご案内
トップ > 患者さんトップ > 診療科のご案内 > 生活習慣病外来
生活習慣病外来
生活習慣病外来
生活習慣病外来
特徴フロアガイド
チーム制で生活習慣病を克服。

生活習慣病外来は基本的には予約制で2種類あります。まずは地域連携医療機関から、高度な検査機器や専門スタッフの利用を目的に紹介を受ける場合、そして院内の他セクションからの引継です。どちらの場合でも、個々のデータを基にした個別指導、テーラーメイドで対応し、チーム医療体制で説明・指導を行います。
生活習慣の乱れから簡単に発症してしまう生活習慣病は、年々、患者数が増加中です。「生活習慣病外来」では、まず乱れた日常生活を見直し現状を把握、その方の生活に合った説明や指導、対話などを通してゆっくり改善へと目指します。 内科部長/番度 行弘
内科部長
番度 行弘
栄養部長/木下 充子
栄養部長
木下 充子
治療の一環として行われる調理実習
患者さんの治療の一環として行われる調理実習。ご家族の方も参加し、(治療に役立つ)料理を実際に作って食べていただきます。
 生活習慣病外来のコンセプトは二つ。まず量から質への転換、つまりただ数をこなすだけの従来の方法から、各個人の生活習慣やデータに即応したきめ細やかな個別の指導、すなわち「テーラーメイド」のスタイルへのシフトです。もう一つは地域医療機関との連携を密にし、「二人主治医制」を推進すること。日常生活に即した日頃の指導はかかりつけ医で行い、検査や合併症などの節目において当院を利用していただく形です。
  当外来が対象とするのは、糖尿病、高脂血症、高血圧、肥満、痛風、脂肪肝など動脈硬化を起こしやすい方で、生活習慣に問題があり、その是正によって健康寿命の延長が見込める皆さんです。そして病院はあくまでサポーターであり、主役である患者さんの指導を行うのです。
 その際、医師はもちろん管理栄養士、理学療法士、薬剤師、看護師、検査技師らが専門性を活かして力を合わせる「チーム医療」を推進し、総合的なアプローチを図ります。
健康調査票
拡大画像を見る ≫
 生活習慣病治療の大きなポイントは、やはり食生活。そこで健康調査票を利用して、患者さん自身の食生活の現状を把握していただきます。確かに現代は食に関する色々な情報や知識が溢れています。テレビで紹介される特定の栄養素を摂ることが健康によいと思われる人も多いようですが、患者さんお一人お一人に合ったテーラーメイドの指導こそが、食生活改善に必要なことなのです。ですから患者さんには健康調査票で視覚的にとらえ理解していただき、私達は適切な栄養指導や助言でサポートします。
  また食生活の改善は、家族の協力で成果も上がります。家族を交えた調理実習では、食べられるメニューの多さに驚くと共に、食事制限によるストレスも解消されるでしょう。
ページの先頭へ