トップ 患者さん 医療機関の方 健診センターのご案内 職員募集 病院の紹介
診療科のご案内 外来受診のご案内 入院のご案内 各種ご相談 セカンドオピニオンについて 各種教室のご案内 院内施設のご案内
トップ > 患者さんトップ > 診療科のご案内 > 皮膚科
皮膚科
皮膚科
皮膚科
特徴診療スタッフ紹介担当医スケジュール診療実績フロアガイド
皮膚腫瘍、下肢静脈瘤、しみ、水虫、湿疹など
幅広い皮膚の病気を診療


皮膚科では、皮膚の表面の病気全般を診療しています。頭から足の先、爪までの痛みやかゆみ、できものなどの悩みについての相談や治療を行います。あざ、しみ、にきび、水虫、アトピー、さらに中程度のやけどや皮膚がんなども当科の領域です。

平成27年2月2日より皮膚科が紹介制/完全予約制になりました。
詳細はこちらから >>
休診情報はこちら

 当科の特徴としては皮膚腫瘍、下肢静脈瘤の診断・治療を行い、県内総合病院では珍しい「しみ」「色素性のあざ」などの色素性病変の相談と治療を行います。色素性病変についてはQスイッチルビーレーザーによる治療を行って実績をあげています。これらの治療は予約制にて行っています。保険外診療の場合は、しみのレーザー治療は1平方センチあたり約1万円から行っています。

 平成27年2月より、一般の診療は月曜日から金曜日の午前、完全予約制となります。
 パッチテストは月・火に行っています。色素性病変のレーザー治療は平日の午後、皮膚腫瘍などの外来手術は木の午前および月・水・木の午後に予約にて行っています。入院手術は火・金の午後です。

ページの先頭へ