トップ 患者さん 医療機関の方 健診センターのご案内 職員募集 病院の紹介
診療科のご案内 外来受診のご案内 入院のご案内 各種ご相談 セカンドオピニオンについて 各種教室のご案内 院内施設のご案内
トップ > 患者さんトップ > 診療科のご案内 > 耳鼻咽喉科・頸部外科
耳鼻咽喉科・頸部外科
耳鼻咽喉科・頸部外科
耳鼻咽喉科・頸部外科
特徴診療スタッフ紹介担当医スケジュールフロアガイド
画像を見ながら納得のいく診断

電子スコープによる画像で治療経過を説明。
脳神経センターと同ブロックなので、めまいなどはチームで対応します。
休診情報はこちら
頭頸部(脳の下から食道・気管の入り口まで)領域すべての内科・外科治療を専門とする科です。
【アレルギー科】
アレルギー性鼻炎・アレルギー性喉頭炎など

【頭頸部腫瘍内科・外科】
良性・悪性腫瘍の手術や化学療法(抗がん剤)・放射線療法を行います。
舌癌、甲状腺癌、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌、口腔底癌、上顎癌、鼻咽腔癌、外耳道癌、悪性リンパ腫、聴神経腫瘍などの頭頸部領域の癌は食べる・話す・聞く・息をする・顔の表情を作るなどといった人間の基本的生活が犠牲になるケースが多くなります。そのため、救命だけではなく、人間としての生活を維持できるように努め、その身体的・精神的ケアが重要となります。

【頭頸部再建外科】
鼻骨骨折、鼻中隔彎曲症、耳奇形、舌奇形などの治療、軟口蓋形成術、皮弁再建・喉頭再建術(遊離空腸)などを行います。頭頸部は外見に直接関わる場所であり、その外観かつ機能を維持できるように手術にて再建を行います。

【頭頸部神経内科・外科】
聴覚障害・嗅覚障害・味覚障害・顔面神経麻痺・前庭神経麻痺(めまい)などの治療をおこないます。

【頭頸部機能内科・外科】
嚥下機能に対し、評価を行いリハビリ指導を行います。また嚥下機能障害に対し、吊り上げ手術など外科的手術を行います。声帯運動の評価をし、音声言語評価を行い、一側性反回神経麻痺に対し、喉頭形成術・声帯注入術を行います。

【頭頸部外傷科】
頭頸部に関する外傷による皮膚・粘膜障害、骨折に関し、治療を行います。

【マリンスポーツドクター(ダイビングドクター)】
潜水病・窒素酔い・頭頸部外傷・熱傷処置・副鼻腔スクイーズ・耳抜き指導など

【頭頸部感染症内科・外科】
風邪・中耳炎・副鼻腔炎・扁桃炎・咽喉頭炎・丹毒・伝染性単核球症・ムンプス・唾石・顎下腺炎・耳下腺炎・舌下腺炎・舌炎・口内炎・亜急性壊死性リンパ節炎、STD、扁桃周囲膿瘍、深頸部膿瘍、急性喉頭蓋炎、など・・・。原因となる菌を特定し、ターゲットをしぼった抗菌剤を適切に選択、適当な量を使用し、理論的に治療を行います。保存的治療で治癒困難な場合には、手術療法を行うのが頭頸部感染症外科となります。



当科では常に高い診療レベルを患者さんに提供できるようすべての医師が努めております。すべての医師が全国学会に積極的に参加、発表しています。常に各医師間の疎通を保ち、すべての手術予定患者、入院患者については毎週のカンファレンスにおける医師間の討議と合意をへて治療方針を厳密に検討し決定しています。 以下が当科の代表的な特徴です。

(1)音声障害への対応
のどの疾患への対応で強い特徴があります。当科には声帯ポリープや声帯結節をはじめとする様々な音声障害(声の出しにくさ)の患者さんが受診します。中等度以上の病変の方には、入院の上での全身麻酔手術を中心に積極的に対応していますが、入院治療を希望されない喉頭麻痺や声帯萎縮の方には外来にて声帯内コラーゲン注入術をおこなったり、手術だけでなく声の出し方や呼吸法の指導などを中心とした音声治療をリハビリテーションセンターの言語聴覚士と協力して治療にあたっています。人間の感情表現に重要な「声」に関する様々なトラブルに総合的に対応するようにしており、オペラやロックなどの歌手や、教師や保母など広い範囲の声を必要とする職業の方も多く受診されます。

(2)嚥下障害患者への対応
脳梗塞や神経や筋肉の病気で食物が飲み込みにくくなる「嚥下障害」を専門的に治療していることも特筆されます。院内組織であるNSTと協調し、口腔外科医や歯科衛生士、言語聴覚士や管理栄養士、摂食嚥下認定看護師など多くの医療職種と協力して嚥下障害に対しチーム医療で対応しています。当科での嚥下障害症例への対応としては、入院期間を限定してですが、他院での治療で経口摂取が十分に出来ない方に当科に入院していただき、様々な当院のスタッフによる集中的なリハビリテーションをしていることと、さらに高度な障害で他院でのリハビリテーションで改善しない難治な方へ積極的に手術治療とその後のリハビリテーションをおこなっていることです。高齢化社会を迎え重要な分野でありますが、まだ手術治療行っている施設は限られており、リハビリテーションも手術治療も当科は全国的にみてもその先端をいっています。

嚥下治療術前   嚥下治療術後1   嚥下治療術後2
嚥下治療術前   嚥下治療術後1   嚥下治療術後2

(3)頚部手術
頚部腫瘍の手術症例が多いことが当科の特徴のひとつです。これまで数多くの手術実績と良好な手術成績を積み重ねてきたのが我々の誇りです。これまでの実績に甘んじることなくさらに良好な結果を求めて研鑽することが、信頼して治療を任せてくださる患者さんたちから課せられた課題であると考えています。

耳下腺腫瘍摘出術
当科での耳下腺腫瘍手術の特徴は、安全性、根治性に加え、審美性への配慮−傷跡が目立たない切開法の選択−にあります。通常本手術で行われるS字状切開とは異なり、当科で行っているface lift incisionは、文字通り美容形成外科でのしわとり手術face liftと同様の皮膚切開法です。皮弁をあげる距離が長くなり術者にとってはすこし手間のかかる方法ですが、美容状の利点は大きく患者さんのQOL向上に寄与する方法と考えています。さらに、Medtronic 神経刺激装置NIMの導入(2007年)が、手術の安全性を一段と向上させました。

このように術後の傷はほとんどめだちません。   このように術後の傷はほとんどめだちません。
このように術後の傷はほとんどめだちません。

そのほか、かお、くびの手術では...
甲状腺腫瘍、耳下腺腫瘍にかぎらず、顔、くびといった人目につく部位の病変では、ご希望に応じて可能なかぎり傷のめだたない手術を施行しております。審美面にも配慮することが現在の医療に求められるニーズであると当科では考えているからです。ただし手術において最も重要なことは根治性であることはいうまでもなく、これを無視したご要望に応えることはできません。できうる限りの最善の方法を提案させていただくことが我々の役割です。手術による傷がご心配なかたは一度当科担当医までご相談ください。

(4)鼻内内視鏡手術
副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎などで、不快な鼻の症状に悩まされている方は数多くおられるのではないでしょうか。保存的治療では効果のないかたに対しては手術が選択肢のひとつになります。従来の鼻の手術(根本術)は、顔面の骨を露出しノミで削る痛みや顔の腫れが強い手術でした。現在では鼻内内視鏡手術が定着しています。導入以来10年以上経過した現在、当科の鼻内内視鏡手術は一段と精度と安全性を向上させ、近年常に北陸地方でトップクラスの手術件数を示しています(平成17年度は84件)。
当科での鼻内内視鏡手術の特徴のひとつは最新器機の導入です。マイクロデブリッター(シェーバーメス, XPS)、KTPレーザー、高周波メス、ミニトレフィンなどを導入し、手術を大きく進歩させました。鼻の病変は視神経や脳に近くmm単位の精度が要求される中で、最新設備の導入が不確定要素を取り除きより安全性の高い繊細な手術を可能にしたと考えています。
もうひとつの特徴は新技術の導入です。もともと定評のある金沢大学耳鼻咽喉科方式の術式をベースに、中鼻甲介開窓法(MTFM)、XPS粘膜下下甲介切除術、鼻アレルギーに対するKTPレーザー、高周波照射治療、後鼻神経切断術など新しい技術を積極的に取り入れ個々の症例に応じて施行しています。
さらには副鼻腔腫瘍、嚢胞、papilloma,再発性副鼻腔炎、blow out fractureなど従来内視鏡手術では困難であった病変に対しても可能なかぎり鼻内内視鏡による低侵襲手術に取り組んでいます。

涙嚢鼻腔吻合術
鼻内内視鏡手術の一環として、眼科と共同し涙嚢鼻腔吻合術(DCR)を行っています。涙嚢鼻腔吻合術とは、流涙や涙嚢炎などをひきおこす鼻涙管閉鎖症に対して行う手術で、鼻腔と涙嚢を直接つなげる手術です。鼻内法と鼻外方にわけられますが、当科では顔面に傷をつくらない鼻内法を行っています。内視鏡下に専用のドリルバー(マイクロデブリッダー)を用いて行い、良好な術後成績をおさめています。また術後の対応は眼科と耳鼻科が連携しておこなっています。


(5)耳手術
慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳小骨奇形、中耳腫瘍など種々の耳の病気に対して鼓室形成術を施行し聴力改善などに高い成功率を示しています。難治性の顔面神経麻痺に対しては御相談のうえ顔面神経減荷術を行うこともあります。
技術の進歩により、数年前まで2〜3週間の入院を要していた鼓室形成術ですが、現在当科では約5日間の短期入院手術が可能になりました。また中等度までの鼓膜穿孔病変に対しては局所麻酔での短期入院、外来手術(鼓膜形成術)にも対応しております。

(6)頭頸部感染症内科・外科
耳鼻咽喉科の専門領域の上気道は、外界から一番最初に感染を起こす部位です。ゆえに初期治療が非常に大事になります。ウイルス性上気道炎(いわゆるカゼ)・細菌性上気道炎・頸部感染症(中耳炎・副鼻腔炎・扁桃炎・咽喉頭炎・丹毒・伝染性単核球症・ムンプス・唾石・顎下腺炎・耳下腺炎・舌下腺炎・舌炎・口内炎・亜急性壊死性リンパ節炎、性行為感染症、扁桃周囲膿瘍、深頸部膿瘍、急性喉頭蓋炎など・・・)は、耳鼻咽喉科が専門となります。

(7)外来日帰り手術
外来日帰り手術も積極的に行っており、テルダーミスという人工真皮を用いた鼓膜閉鎖術、内視鏡を用いた鼓膜形成術、アレルギー性鼻炎に対しての鼻粘膜焼却術、喉頭麻痺に対しての内視鏡下声帯コラーゲン注入術、小児の静脈麻酔下の鼓膜切開術・鼓膜チューブ抜去術、成人における静脈麻酔下日帰り手術などを行っています。

■内視鏡下コラーゲン注入術
以前は経皮的に施行していたが、内視鏡を用い、より確実に注入しえる手技

チャンネル付き電子内視鏡   バリクサーとパロジェクト   アテロラコラーゲン
チャンネル付き電子内視鏡   バリクサーとパロジェクト   アテロラコラーゲン

■入院期間短縮
術後感染のコントロールの質をあげることにより、不要な抗生物質の長期投与や吸入などの撤廃を実践し、入院期間の短縮を可能にしました。耳手術(5日〜7日間)、鼻手術(5日間)、甲状腺手術(5日間)、顎下腺手術(5日間)、耳下腺手術(5日間)など、より患者さんに負担の少ない治療を提供することが可能になりました。
ページの先頭へ