トップ 患者さん 医療機関の方 健診センターのご案内 職員募集 病院の紹介
診療科のご案内 外来受診のご案内 入院のご案内 各種ご相談 セカンドオピニオンについて 各種教室のご案内 院内施設のご案内
トップ > 患者さんトップ > 診療科のご案内 > 麻酔科(ペインクリニック)
麻酔科(ペインクリニック)
麻酔科(ペインクリニック)
特徴診療スタッフ紹介担当医スケジュール診療実績
全ての患者さんに安心して手術を受けていただきたい。

麻酔科は、主として全身麻酔で手術を受ける患者さんの全身管理、
集中治療室での重症な患者さんの治療、ペインクリニック外来での
疼痛治療を行っています。
麻酔において最も大切なことは、全ての患者さんに安心して手術を受けていただくことです。今日、麻酔薬と諸器械が格段に進歩したおかげでずいぶん麻酔は安全になりました。しかし、まったく医療事故がなくなったわけではありません。本院では、五名の専門麻酔医(麻酔科指導医3名、麻酔科専門医4名、麻酔科標榜医5名:重複有)でより安全な麻酔を提供できるよう日々努力しています。また、手術中、後の疼痛などのストレスから患者さんを保護するために、全身麻酔に硬膜外麻酔などの区域麻酔を併用して患者さんの体に負担の少ない麻酔を行っています。その他、安全性と術後の痛みを考慮して帝王切開術の麻酔も硬膜外麻酔を併用した脊椎麻酔で麻酔科が行っています。
集中治療室では、救急室からの重症な患者さん、病棟で状態が悪化した患者さん、手術後高リスクの患者さんの診療にあたっています。ここでは、生命に関わる重症な患者さんや多臓器に障害をきたした患者さんの治療にあたることが多いため、主治医だけではなく、麻酔科、循環器、呼吸器、消化器など各専門の先生が一致協力して総合的に診療を行っています。手術室とは迅速に移動ができる位置関係になっているので、手術後の患者さんや手術が必要となった患者さんの移動が安心して行えます。
集中治療室担当医 斉藤律子
ペインクリニックでは、様々な痛みにより日常生活に支障をきたしている患者さんの診療を行っています。対象疾患は、頭痛・帯状疱疹後痛・三叉神経痛・腰下肢痛など多岐にわたります。西洋薬・漢方薬を使った薬物療法や各種神経ブロックにより治療を行っています。また、高周波熱凝固法・硬膜外脊髄電気刺激療法などの最先端の治療も積極的に取り入れています。
外来担当医 竹内健二(火曜日 午前/午後、金曜日 午前/午後)
ページの先頭へ